結婚生活の証の指輪|真実の愛を伝える結婚指輪|二人に似合う1品を探そう

真実の愛を伝える結婚指輪|二人に似合う1品を探そう

男性女性

結婚生活の証の指輪

男性女性

彫刻なども施せる

最近のブライダルジュエリーの特徴は、男性も主役になれる贈り物やデザインが挙げられています。結婚指輪もその1つで、世界に1つだけの手作りによる指輪を贈る男性も増加中です。宝石メインとなる婚約指輪は、女性側の意見が採用される傾向にあります。結婚指輪は男性も常に身に着ける既婚者の印でもあり、カジュアルからスーツ姿に似合うシンプル設計が人気を集めています。個人の技量で一から手作りする場合もあれば、熟練の職人に任せ、手作り感をデザインに採用するケースも増えています。ですが、手作りを意識したい場合に支持されているのは、イニシャルや記念日、デザインの刻印を自分の手で施す点です。彫刻によって手作り感を手軽に出すことができるため、貰い手側の満足度も高い傾向にあります。

環境にも左右される

既婚者である事を判断できる結婚指輪は、女性の場合には日常的に身に着けているケースは多く、家事や仕事、育児などで指輪にキズなどは付きやすくなります。給料3ヶ月分など、婚約指輪に費用をかけ、結婚指輪はリーズナブルな価格で購入するケースは一般化しています。さらに手作りできる工房や専門店、キットなども展開され、不器用な彼氏・旦那さんが結婚指輪を手作りすることも愛情表現として話題を集めています。手作りをする上では、生活環境に合わせて土台を厳選する点が大切です。例えば、海の近くで結婚生活を送る場合には海風などによる劣化がポイントで、塩の成分は材質によって錆やすくなります。また、温泉地ではイオウによる化学変化もあるため、割金の配合にこだわる一工夫もポイントです。その結果、永年経っても艶感が損なわれず、日常でも安心して身に着けることができます。